7/18(木)午前中 サポート業務休止のお知らせ

お知らせ

7/18(木)午前中 サポート業務休止のお知らせ
HAYAWAZAオンラインスクール日程を更新しました(7月)

無料個別相談

HAYAWAZAオンラインスクール日程を更新しました(7月)
HAYAWAZA検定をスタートしました

お知らせ

HAYAWAZA検定をスタートしました
previous arrow
next arrow

プロパイロットの設定

みなさん、こんにちは。
HAYAWAZAplusです。

こちらの記事ではプロパイロットの設定方法を
ご説明します。

プロパイロットの概要はこちら

基本設定

パターン設定、マッチング、変換設定を
通常通り設定します。

パターン設定時に以下の
登録名称とExcelファイルの文字列の関連付けをする必要があります。
銀行パターンの場合は、
口座情報を登録してください。

毎月取り込むファイルのファイル名は下記のように
パターンで登録した文字列が含まれるように設定してください。
こちらの画像では「売掛金管理表」です。

あらかじめ手動で正常にコンバート処理できるかどうかを確認しておきます。

プロパイロットの基本設定

・出力先フォルダの指定

・プロパイロットを有効にする/取込フォルダの指定

・出力先フォルダの指定

プロパイロットの処理で自動に生成される、
仕訳ファイルの保存先のフォルダを指定します。
メニューの「設定」→「書き出しの設定」を選択します。

「書き出しの設定」画面が表示されます。
ファイル出力先ディレクトリの参照をクリックし、
保存先フォルダ(動画では出力用フォルダ)を指定します。

・プロパイロットを有効にする/取込フォルダの指定

上部メニューの「設定」→「プロパイロットの管理」をクリックします。
「プロパイロットの管理」画面

「プロパイロットを有効にする」にチェックを入れます。
「プロパイロットの定期チェック」にはデータを巡回する時間を入力します。
「インポートディレクトリ」に
取り込むデータを保存するフォルダ(動画では取込用フォルダ)を指定します。

上記設定でプロパイロットを有効にすると
事業所ファイルの画面右下のボタンが青くなります。

青はプロパイロット稼働中、
赤はプロパイロット停止です。

プロパイロット稼働中は、
画面上部の事業所名称、会計ソフト名称の右側に
タイマーが表示されます。

プロパイロット稼働中にHAYAWAZA上でマウス操作を行うと
プロパイロットは停止します。

プロパイロットの動作確認

設定完了後、動作確認を行います。

「プロパイロットの開始」の状態で
「インポートディレクトリ」で指定したフォルダに
読み込むデータファイルを保存します。

下記画面が表示されましたら
マウス操作することなくコンバート処理が始まり
出力先に指定したフォルダに仕訳ファイルの出力まで行います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

HAYAWAZAサポートでは「無料個別相談」を実施しております。

など様々なご質問やご要望に弊社サポートスタッフが直接お答えします。